人物

石原良純の年賀状2020の撮影場所はどこ?歴代年賀状もチェック!

「月曜から夜更かし」の年末の恒例企画『石原良純年賀状問題』、2019年は12月23日に放送され2020年の年賀状が紹介されていましたね。

ということで今回は『石原良純の年賀状2020の撮影場所はどこ?歴代年賀状もチェック!』と題して2020年の石原良純さんの年賀状についてまとめるとともに、これまでの年賀状について、撮影場所や画像を振り返ってみようと思います。

それではさっそく始めていきましょう。

石原良純の年賀状2020の撮影場所はどこ?

2020年の石原良純年賀状は2つの候補で悩んでいたそうです。

候補①

最初の候補はカナダでの写真。

「カナダの夏がここに凝縮されている」と豪語した石原良純さんの力の入れようが伝わってきます。

一枚の絵画のような素敵な写真だと思いました。

撮影場所:カナダ

候補②

https://twitter.com/chicken_4302/status/1209137044745674752

久しぶりの鉄道編ですね。

「鉄道好きにはしみる」と話した石原良純さんでしたが、カナダにわざわざいったのだからとカナダを推したいようでした。

そんな石原良純さんの意志に反しマツコさんにも村上さんにも好評でしたね。

のどかな風景がとてもいいなと感じる一枚です。

撮影場所:真岡(もおか)鐵道 笹原田駅

住所:栃木県芳賀郡市貝町笹原田59-1

石原良純の歴代年賀状をチェック

 

ここでは2014年以降の石原良純さんの歴代年賀状について画像と撮影場所を振り返っていきましょう。

2014年

撮影場所:志賀高原スキー場

当時の放送でマツコさんが絶賛していた年賀状です。
めちゃくちゃおしゃれな写真ですよね。

撮影したのは奥さんだそうです。

2015年

撮影場所:しまなみ海道

「しまなみ海道は川を渡る橋なんだよ!」
と石原良純さんは力説していましたが反応は・・・イマイチでした。

短パン半そでのおっさんの観光写真みたいになってますからねw

2016年

撮影場所:嘉穂劇場(福岡県飯塚市)

テーマは『生霊』と語っていた石原良純さん。

日本を代表する劇作家、つかこうへいさんの芝居のルーツでもある劇場について熱弁されていましたね。

熱い語りに反して反応はイマイチだったのですが、つきてんは好きな写真でした。

2017年

撮影場所:北海道

テーマは『弾ける!』だと語っていた石原良純さん。

確かに弾けていますw

元気がもらえそうな年賀状なので、これは貰ってうれしい一枚だなと感じました。

2018年

撮影場所:石原良純自宅

山形県の天童商工会議所で講演した際に石原良純さんにプレゼントされたという『良純駒』をどどん!とうつした年賀状でした。

マツコさんが『新しすぎるからね』といって気に入っていましたね。

確かにここへきてまさかの本人なしの写真とか新しすぎてとても素敵です。

2019年

撮影場所:飛騨川

一瞬石原良純さんがどこにいるのかわかりませんでしたw

涼しげな風景の中に溶け込む石原良純の姿…なにかこうグッとくるものがありますね。

ちなみに思いっきり夏を感じさせるこの年賀状はマツコさんにも村上さんにも好評でした。

おわりに

毎年話題を呼ぶ石原良純さんの年賀状。

時に芸術的な出来だったり、時にただの観光写真だったり、時に本当に意味不明だったりと毎年楽しませてくれますね。

つきてんは年賀状をほとんど出さないのですが、石原良純さんのように毎年テーマをもって取り組んでみると楽しいのではないかなと感じました。

『石原良純の年賀状2020の撮影場所はどこ?歴代年賀状もチェック!』を最期までお読みいただきありがとうございます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください