雑記

即位恩赦は必要ない?資格の復権より奨学金の徳政令を望む声も!

こんにちは!つきてんです。

日本政府が天皇陛下の即位に伴う22日の「即位礼正殿の儀」に合わせて実施予定の政令恩赦に関し、対象者数が約55万人に上るとの見通しを報告しましたね。

このニュースを受けて即位恩赦は必要ないのではないか?という声が多数上がっています。つきてんもそう考えている一人です。

また犯罪者の資格の復権より奨学金の徳政令を望む声もあがっているようで物議をかもしています。

ということで今回は『即位恩赦は必要ない?資格の復権より奨学金の徳政令を望む声も!』と題しまして即位恩赦に対する世間の声をまとめていきたいと思います。

それではさっそく始めていきましょう!

即位恩赦は必要ない?

つきてん
つきてん
つきてんも即位恩赦は必要ないと感じています。

『恩赦』と聞いて最初に「え?釈放?」と思ったのはつきてんだけではないはずですw

恩赦には実は5種類あり、今回の即位で実行される恩赦は『復権』と呼ばれる恩赦です。
5種類の恩赦については以下にまとめておきます。

大赦 定められた「罪」に問われた人に対してその罪を免除する
特赦 有罪の判決を受けた「人」に対して、その有罪判決の効力を失わせる
減刑 罪を軽くすること。
刑の執行の免除 有罪判決で確定した刑を免除されること。
復権 有罪になったことで資格を喪失したり停止された人に、その資格を回復させることです。

犯罪により運転免許や国家資格などを失った人に対してまた受験資格が得られるといった程度の恩赦なのだそうですが・・・失うべくした失った犯罪者の資格をわざわざ復権させる必要なんてないですよね。

以下ネットの反応をまとめておきます。

資格の復権より奨学金の徳政令を望む声も!

ママ
ママ
奨学金の免除はまた違う話だと感じます

即位恩赦によって犯罪者の資格を復権させることに対してはつきてんも必要のない時代錯誤の対応ではないかと感じます。

が、だからといって個人の奨学金の徳政令を望む声には疑問を感じざるを得ません。
それとこれは別の話ではないかと感じます。

なんというか・・・即位を国民でただ祝う、それだけでいいじゃないかと思うんですよね。
それこそTwitterで「#即位おめでとうございます」みたいなノリで楽しむくらいでいいんじゃないかなってw

犯罪者に恩赦くれてやるくらいなら、普通に生活していて困っている国民に救済の手を!という気持ちも理解はできるのですが・・・それならば奨学金ではなく犯罪被害者に対して一定の給付金を!という話になるのではないでしょうか?

 

即位恩赦で資格の復権をするくらいなら「奨学金の徳政令を!」といった声については以下に。

 

この奨学金の徳政令を望む声に対しては冷ややかな反応も多数見受けられます。

おわりに

つきてんは即位恩赦は必要ないと感じています。
だからといって奨学金の徳政令はまた違うものだと感じています。

新天皇の即位というめでたい話題なのですから、ただ単純に「おめでとうございます!」とお祝いするだけでいいのではなかろうかと思うつきてんでした。

『即位恩赦は必要ない?資格の復権より奨学金の徳政令を望む声も!』を最後までお読みいただきありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください