雑記

【最強の自分になる】スタンフォード式疲れない体(山田知生)【レビュー】

こんにちはつきてんです。

日々疲れていると感じている私です。

仕事がめちゃくちゃ忙しい…なんてことはないですがw

でも休んでも疲れが取れた感じがしない今日この頃です。

ということで最近話題の

「スタンフォード式 疲れない体」

を買って読んでみました。

これから本の内容についてお話していきたいと思います。

 

ちなみにこの本に書いてある呼吸法を試したら・・・

私の体に素敵な変化が訪れました。

【IAP呼吸法やってみた】姿勢がよくなり便秘まで解消!【スタンフォード式疲れない体】こんにちは、つきてんです。 巷で話題のスタンフォード式。 睡眠法と迷ったのですがまずはこちらから。 日々疲れを感じている私でし...

 

 

スタンフォード式 疲れない体 著者紹介

山田知生

スタンフォード大学スポーツ医局アソシエイトディレクター、同大学アスレチックトレーナー。1966年、東京都出身。24歳までプロスキーヤーとして活動した後、26歳でアメリカ・ブリッジウォーター州立大学に留学し、アスレチックトレーニングを学ぶ。
同大学卒業後、サンノゼ州立大学大学院でスポーツ医学とスポーツマネジメントの修士号を取得。2000年サンタクララ大学にてアスレチックトレーナーとしてのキャリアをスタートさせ、2002年秋にスタンフォード大学のアスレチックトレーナーに就任する。
スタンフォード大学スポーツ医局にて15年以上の臨床経験を持ち、同大学のアスレチックトレーナーとして最も長く在籍している。これまでに、野球、男子バスケットボール、男子・女子ゴルフ、男子・女子水泳チームなどを担当している。2007年にアソシエイトディレクターに就任した後は、臨床開発で大きくスポーツ医局に貢献、同局プログラムのさらなる改革・促進に取り組んでいる。アメリカサッカーU21代表チーム同行経験を有する。本書が初の著書になる。

「スタンフォード式 疲れない体」より抜粋

アスレチックトレーナーって聞きなれないお仕事ですが

選手のけがやメンタル面での問題を「予防」するのが主なお仕事だそうです。

もちろんけがの手当てやリハビリ、体のメンテナンスも

欠かせないお仕事だそうです。

スポーツ医学のプロフェッショナルで、アメリカの国家資格です。

 

 

スタンフォード式 疲れない体 内容

◇プロローグ 全米最強のスポーツ医局が明かす「疲れない体」の作り方

◇0章 スタンフォードで突き止めた「疲労発生」のメカニズム
―なぜ人は疲れるのか・・・知られざる「疲弊する仕組み」

◇1章 世界最新の疲労予防「IAP」メソッド
―「体内圧力」を高めてダメージを完璧にブロックする

◇2章 疲れを持ち越さない 究極のリカバリー法
―「最高の回復」で脳と体から疲労物質を即時除去

◇3章 抗疲労体質になる 一流の食事術
―「体内に入れるもの」であなたの回復力は変わる

◇4章 スタンフォード式 ハードワーク・メソッド
―働いても、働いても、ダメージを最小化する方法

◇エピローグ ”再起動”を完遂して「最強の自分」になる

「スタンフォード式 疲れない体」より抜粋

この本の内容は上記の通り。

まずは疲れのメカニズムを知り、

それから疲労を予防し、回復させていくという

最強の自分になるためのメソッドがまとめられています。

 

世界最新の疲労予防「IAP」メソッド

この本の中ではIAP呼吸法というのを進めています。

腹圧呼吸を日常的に行うための訓練の呼吸法という位置づけです。

 

腹圧呼吸は腹式呼吸と似ているのですが、実は大きく違う呼吸法です。

簡単にいえば、吸うときにも吐くときにもお腹を膨らませる呼吸です。

腹式呼吸は吐くときにはお腹をへこませるので全く違う呼吸法ですね。

 

この呼吸法によりボディバランスが整えられ、

無駄な動きや無理な動きがなくなっていくことで

疲労を予防したり、迅速に回復したりできるようになるそうです。

もちろんこの呼吸法を他の疲労回復メソッドと併用していくことが

重要であると述べられています。

 

で、この呼吸法を実践するためのイラストや解説がきちんと載っています。

載っていますが、イマイチわかりにくい気もします。

初見だとよくわからず何度か読み直し、やりなおして

わかるようになりました。

座ってからやる方法が載っているのですが、なぜか寝てからやってみたほうが

しっくりくるという不思議現象でしたが。

もう始めてからしばらくたつので、座ってでもできますが、

いまだに「やるぞ」って思ってやらないとできません。

平時からこの腹圧呼吸ができるようになるのはまだ先の話かな。

 

疲れを持ち越さない 究極のリカバリー法

運動前後に行うビフォーリセットとアフターリセットの

イラストや説明は非常にわかりやすいかと思います。

ただ今運動全然していないので、これは涼しくなってから実践。

 

肩こりや目の疲れ、さらには座り疲れに効くという

「超対症療法」というのは速攻で始めて毎日やってます。

座ってる時間は長いし、眼精疲労あるし、肩こりやばいし。

でね、この超対症療法、手軽なのにものっそい効果あります。

仕事しながらできるのもいい。これだけでも買った価値があったかも。

 

さらにすごかったのが「スタンフォード式スーパー回復浴」

30秒ごとにお湯につかる、冷水シャワーを浴びるという

少しあわただしい入浴法なんですけど、これやると超スッキリします。

仕事を終えてこれをやってのんびり過ごして寝るそんな日常になってきています。

詳しい入浴法は、本を読んでください。

 

抗疲労体質になる 一流の食事術

食事に関してのお話は私は結構知っている内容が多かったです。

あぁでも「1日3食だから疲れているのかもしれない」のところは

面白いなと思った。血糖値の乱高下を避けるために空腹は避けるべき。

しかし、腹八分目はキープ。つまり間食をしよう、みたいな。

もちろん間食はナッツやフルーツを推奨。

 

あとはなんとなく鶏の胸肉激プッシュしている感じがあってくすっときました。

うまいよね、鳥の胸肉。私もよく食べてます。オーブンで焼いてもしゃもしゃと。

 

スタンフォード式 ハードワーク・メソッド

姿勢や疲れないたち方や座り方。

そして日常にするちょっとした動きについてのアドバイス。

これもかなり参考になりましたよ。

私は基本的に姿勢が悪いし、座っている時間も長いので。

ちりも積もれば~とはよく言ったもので

日常の本当にちょっとしたことを改善していくのって大事なんだなと

実感することができました。

 

後半はマインドセットのお話になっています。

成長型マインドセットと固定型マインドセット。

 

成長型は「疲れている=この疲れをなくせばパフォーマンスがあがる」

といったような考え方

固定型は「疲れている=疲れていてもうだめだ。抜けるのをまとう」

といったような考え方だそうです。

 

「できない」ではなく「まだ、できない」

そして「まだできないなら、今の自分にできることは何か」

という成長型マインドセットの話が印象的でした。

疲れをとることというか、普段の仕事やそれこそ遊びについても

この考え方って大切で、案外いろいろ諦めたりしていたなと

気が付くことができました。

 

私はこれを読むまでは完全に固定型マインドセットだした。

今でも「まだ」完全には成長型マインドセットになり切れていませんが

それでも変化は起きていると実感はしています。

 

 

最強の自分になる

疲れというものをこれまでは「なんとなく」のものとして

とらえていましたが、「スタンフォード式疲れない体」を

読むことでそれが誤りであると知ることができました。

呼吸法や動き、そして食事に考え方と

疲れを予防し、回復させるためのアプローチは様々あり

それを科学的な根拠に基づいて提唱してあるので

すんなりと受け入れることができました。

疲れと真剣に向き合うことでこれまで無駄にしていた

多くの時間を有効活用していこうと決めた私でした。

スタンフォード式疲れない体 [ 山田知生 ]

スタンフォード式 疲れない体【電子書籍】[ 山田知生 ]

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください