人物

二宮和也がSMAPをなかったことに?国立の先駆者発言が嘘だと話題

12月21日に行われた「国立競技場オープニングイベント ~HELLO, OUR STADIUM~」の公演終了後の嵐・二宮和也の発言が物議を醸しています。

ということで今回は『二宮和也がSMAPをなかったことに?国立の先駆者発言が嘘だと話題』と題してお伝えしていこうと思います。

二宮和也がSMAPをなかったことに?国立の先駆者発言が嘘だと話題

つきてん
つきてん
国立競技場で初めて単独ライブを行ったのはSMAPなのですが、今回の二宮和也の発言はそのSMAPの存在をなかったことにしているかのような印象を受けます。

問題になっているのは以下の発言。

国立競技場でのライブについて二宮は「先駆者であるDREAMS COME TRUEさんがやってくれたから僕らも道が拓けた。感激しています」と同じくパフォーマンスを行なったDREAMS COME TRUEについて触れ、アーティストとしての思いを語った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191222-00010000-theadline-ent より引用

何が問題なのかというと、『先駆者』という言葉を使っていることです。

先駆者とは・・・

他の者より先駆け(さきがけ)、ある分野や専門分野を駆逐する、または開拓・開発する者。

という意味があり、一番最初にやった人という意味と考えることができます。

二宮和也の発言では

国立競技場でのライブの先駆者(最初に行った人)はドリカムだ!

と言っているわけです。

実際はそうではなく、

国立競技場でのライブの先駆者(最初に行った人)はSMAPなのです!

つきてん
つきてん
なんと3年越しの交渉を経てようやく実現に至ったというから驚きです。

国立競技場で単独公演を行ったアーティストは6組しかおらず以下の通りです。

2005年:SMAP
2007年:DREAMS COME TRUE
嵐(2008年~)
L’Arc-en-Ciel(2012年、2014年)
ももいろクローバーZ(2014年)
AKB48(2014年)

ママ
ママ
ドリカムは国立の『先輩』ではあるけど『先駆者』ではないわね。

二宮和也の先駆者発言を受けての世間の反応

 

 

新国立|嵐の黄色のペンライトが少ない!二宮和也の担降りがヤバイ!12月21日に新しい国立競技場の完成を祝うべく開催された「国立競技場オープニングイベント~HELLO,OUR STADIUM」での嵐のラ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください