雑記

小説家になろう完結済みのおすすめ作品は?アニメ化情報も!

こんにちは、つきてんです。

ファンタジーが大好きです。異世界が大好きです。俺TUEEEも好きだし、苦悩する主人公も好きです。子供の頃からおっさんになった今でも好きなもんは好きです。

ということで今回は『小説家になろう完結済みのおすすめ作品は?アニメ化情報も!』と題しまして小説家になろうの中でもいわゆる異世界もののオススメを紹介していきます。
本編が完結済みのものをご紹介していきますが、番外編や後日談は連載中のものもあります。

ありふれた職業で世界最強

クラスごと異世界に召喚され、他のクラスメイトがチートなスペックと“天職”を有する中、一人平凡を地で行く主人公南雲ハジメ。彼の“天職”は“錬成師”、言い換えればただの鍛治職だった。最弱の彼は、クラスメイトにより奈落の底に落とされる。必死に生き足掻き、気がつけば世界最強・・・

https://ncode.syosetu.com/n8611bv/より

つきてんがなろう小説の中で一番好きな作品です。本当におすすめです。
主人公の南雲ハジメはいわゆる俺TUEEEのハーレム主人公です。しかしそこに至るまでの過程がまさに壮絶。必死にあがいてもがいて壊れて・・・そして手に入れた力。そこから始まる無双展開。ラストまで一気に読んでしまいました。奈落から出るあたりにものすごくクライマックス感がありますが、その後も笑いあり、涙ありでハラハラドキドキが止まりません。特にラストバトルに向けての盛り上がりは鳥肌が立つほどでした。

本編も素晴らしいですし、今も連載が続いている後日談も素晴らしいです。特にアビスゲート卿関連は読んでいて身悶えする思いがしますよw

2019年にはアニメ化されることが決定しています!ぬるぬる動くハウリアとか(笑)いやその前に奈落編のアニメ化は物議を醸しそうな予感・・・。でも一番大事な序盤だしなぁ。なんにせよ楽しみすぎます。

ありふれた職業で世界最強

転生したらスライムだった件

 突然路上で通り魔に刺されて死んでしまった、37歳のナイスガイ。意識が戻って自分の身体を確かめたら、スライムになっていた!
え?…え?何でスライムなんだよ!!!などと言いながらも、日々を楽しくスライムライフ。
出来る事も増えて、下僕も増えて。ゆくゆくは魔王でも目指しちゃおうかな?
そんな、どこかずれた天然主人公の異世界スライムライフです。

(https://ncode.syosetu.com/n6316bn/ より)

2018年の秋アニメにもなった今作。まさかのスライムに転生です。最初見た時の衝撃ときたら。能力チートの建国ものですかね。仲間がどんどん増えていきますが、非常に魅力的なキャラクターがそろっています。能力の獲得、仲間の獲得や装備の強化、町づくり、そしてバトル展開。ファンタジーの魅力を詰め込めるだけ詰め込んだ、そんな欲張りな作品です。

余談ですがつきてんは後半に登場するディアブロさんが大好きです。本当にいい性格をしていますw

転生したらスライムだった件

本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~

 本が好きで、司書資格を取り、大学図書館への就職が決まっていたのに、大学卒業直後に死んでしまった麗乃。転生したのは、識字率が低くて本が少ない世界の兵士の娘。いくら読みたくても周りに本なんてあるはずない。本がないならどうする? 作ってしまえばいいじゃない。目指すは図書館司書! 本に囲まれて生きるため、本を作るところから始めよう。

http://ncode.syosetu.com/n4830bu/ より

本が好きで好きで、本さえあれば問題ない主人公が転生したのは本が少ない世界。とある理由で体の弱い主人公は本を読むために、紙をつくるところから始めていきます。章を重ねるごとに話のスケールは大きくなり、主人公の立場も大きく変化をしていきます。序盤こそ異世界に不満タラタラだった主人公ですが、長く時を過ごしていくうちに芽生える、家族愛や友人たちへの思い。そして一貫して変わらぬ本への愛。壮大な愛の物語に最終話でつきてんの涙腺は崩壊をしました。

本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~

八男って、それはないでしょう!

平凡な若手商社員である一宮信吾二十五歳は、明日も仕事だと思いながらベッドに入る。だが、目が覚めるとそこは自宅マンションの寝室ではなくて……。僻地に領地を持つ貧乏貴族の八男という、存在意義さえ怪しい子供に憑依した彼は、幸いにも魔法の才能があったので早くに自立しようと我が道を進む。家門と領地継承も、内政無双も経験が無いから無理。魔法で金を稼いで、自由に生きて何が悪いというのか。まあ、結局人の営みで発生する柵(しがらみ)からは逃れられないのはこの世の常として。これは、そんな若造ヴェンデリン・フォン・ベンノ・バウマイスターの世界なんて救わないお話である。

(https://ncode.syosetu.com/n8802bq/より)

ハーレム主人公です。貧乏騎士に八男ですが、魔法の才能があり修練に励みます。素晴らしい師匠にも出会えてさらに力をつけた主人公は独立への道を歩みます。次々と功績をあげ、地位も名誉も金もほしいままにする主人公ですが、どこかのほほんとしています。ピンチにもなりますし、戦争も経験していくのですがそれでものほほんとした雰囲気が楽しめます。また、主人公は食べることへの強いこだわりでたびたび異世界の食文化に新しい風を吹かせるという、異世界ではよくある文化ハザードも妙に庶民的でほんわかしています。

2018年12月17日現在アニメ化企画が進行中だそうです!楽しみすぎる。

八男って、それはないでしょう!

無職転生 - 異世界行ったら本気だす –

34歳職歴無し住所不定無職童貞のニートは、ある日家を追い出され、人生を後悔している間にトラックに轢かれて死んでしまう。目覚めた時、彼は赤ん坊になっていた。どうやら異世界に転生したらしい。
彼は誓う、今度こそ本気だして後悔しない人生を送ると。

(https://ncode.syosetu.com/n9669bk/ より)

めちゃくちゃ引き込まれてハラハラドキドキがとまらかったですね、この作品は。努力をした結果に手に入れた力を使い活躍する主人公。決して最強というわけではなく頭を使いながら困難ん位立ち向かっていく姿はまさに王道ファンタジー。・・・なのですが、性根のところがキモキャラなんです、主人公(笑)こいつのせいでアニメ化できないんだろうなぁ。だって主人公の幼少期からの性癖、素でひきますもん。こんなに気持ちの悪い赤ん坊や子供はいないだろうっていうくらいキモイです、主人公(笑)でも物語は最高に面白いっていうのがまた今作の魅力なのでしょうね。

無職転生 - 異世界行ったら本気だす –

まのわ ~魔物倒す・能力奪う・私強くなる~

気が付くとそこは異世界だった。
人気ゲームの舞台に近しい世界で少女『風音』が魔物のスキルを手にいれて戦っていくハイパーラーニングストーリー。

気が付けば街を救い、浮気をバラし、幽霊に出会い、お姫様を助け、温泉に入り、温泉に入り、温泉に入る毎日を過ごす風音一行。
迫り来る悪魔との戦いの中で自らの暗黒面と遭遇した風音はやがてデカいにゃんこと再会する運命にあった。

(https://ncode.syosetu.com/n3730bn/より)

あらすじがひどいが間違ってはいない。温泉は大切なものだもの。風音さん率いる「白き一団」はマジェスティックな人外パーティー。チートスキルを持つ風音さんも、他の仲間たちも日々さらに成長するために早朝の訓練は欠かしません。せまりくる困難をバッタバッタとなぎた・・・のほほんと解決していく痛快なストーリー。ゲームのような世界は果たしてゲームなのか、徐々に明かされていく真相に思わず息をのむ!?デカいにゃんこに癒されるドタバタ冒険談に一気に引き込まれ、ついにむかえた後日談の最終話で涙がほろりと流れていました。

まのわ ~魔物倒す・能力奪う・私強くなる~

盾の勇者の成り上がり

盾の勇者として異世界に召還された岩谷尚文。冒険三日目にして仲間に裏切られ、信頼と金銭を一度に失ってしまう。他者を信じられなくなった尚文が取った行動は……。

(https://ncode.syosetu.com/n3009bk/より)

タイトル見て思いますよね?「盾の勇者」ってなんやねん!?って。もうね、文字通りなんですよ。手には盾しか装備できないの。敵倒せないじゃんどうすんだよって話ですよね。再序盤の敵の倒し方には思わず「ふふっ」てなりましたよ。いきなり異世界に召喚されて、不当な扱いを受けまくる主人公ですが徐々に理解者も増え、異世界を懸命に生きていきます。まさに成り上がりの物語です。

2019年の1月よりアニメ化することが決定しましたね!フィーロがかわいい!

盾の勇者の成り上がり

魔王様の街づくり!~最強のダンジョンは近代都市~

魔王は自らが生み出した迷宮に人を誘い込みその絶望を食らい糧とする
だが、創造の魔王プロケルは絶望ではなく希望を糧に得ようと決め、悪意の迷宮ではなく幸せな街を作りたくさんの人間を集めることにした
しかし、彼の作った街は魅力的すぎて、他の魔王にも人間にも目をつけられることになってしまう
しょうがないので、ユニークスキルと独自の知識で超強力な最強魔物軍団を結成、苛烈な罠を仕掛けた地下迷宮を作り、その上に、豊かな街を作ることになる。魔王プロケルは味方には優しく、敵対するものにはどこまで冷酷になる魔王として君臨しはじめた
これは表と裏、両方の顔を持つ、変わり者魔王の物語

(https://ncode.syosetu.com/n7637dj/より)

魔王が主人公。ダンジョンって深く潜っていくものというのが主流なので、主人公プロケルのダンジョン設計は素直に面白いと思う。負の感情よりも正の感情をってのはモンスターズインク的な発想ですね。ダンジョンポイントやモンスターを作るメダルというゲーム的設定も利点にも制限にもなり物語に深みを与えていました。生み出しだ魔物のメインはやっぱり美少女になるのは様式美ですね。まぁガチムチのおっさんで固められても読む気がしないのでいいんですが。ひどく人間臭い魔王様の活躍と苦悩に一喜一憂しながら読破しました。現在は続編を連載中で楽しませてもらっています。

魔王様の街づくり!~最強のダンジョンは近代都市~

大魔王様の街づくり~魔法と科学と魔物が創る理想の街~

人狼への転生、魔王の副官

 人狼の魔術師に転生した主人公ヴァイトは、魔王軍第三師団の副師団長。辺境の交易都市を占領し、支配と防衛を任されている。
元人間で今は魔物の彼には、人間の気持ちも魔物の気持ちもよくわかる。おかげで周囲からは知勇兼備の名将だと思われているが、実際は苦労の連続だ。
やたらと暴力に訴えがちな魔物たちを従え、すぐに文句を言う人間たちも何とかして、彼は今日も魔王軍の中堅幹部として頑張る。

(https://ncode.syosetu.com/n1576cu/より)

中堅って大変だな、うん。男気溢れるヴァイトさんまじかっこいいっす。勇者でも魔王でもなく、魔王軍の中間管理職って設定がいいですよね。人と魔物の両方の気持ちがわかる転生者だからこその魔王軍の動かし方、人間とのかかわり。一つ解決してはまた問題が起こり、いつしかヴァイトは多くの人と魔物とかかわり、世界の在り方に一石を投じていきます。地味なはずの「副官」というポジションが憧れの職業になりそうなそんな作品です。

人狼への転生、魔王の副官

甘く優しい世界で生きるには

  勇者や聖女、魔王や魔獣、スキルや魔法が存在する王道ファンタジーな世界に、【炎槍の勇者の孫】、【雷槍の勇者の息子】、【聖女の息子】、【公爵家継嗣】、【王太子の幼馴染】、【第三王女の婚約者】という大層な肩書きを持って生まれた主人公、ドイル・フォン・アギニス(十五歳)。彼は、肩書きに見合うハイレベルなスペックを持って生まれた。そして、そんな人生勝ち組な主人公は両親に溺愛されて育った結果、王道悪役な貴族の馬鹿息子街道をまっしぐら!
そんな、王道では当馬役にされがちなポジションである主人公は、一週間高熱にうなされた結果、あざとく計算高かった記憶を思い出す。
そして、決意する。
己が失いかけている肩書きを取り戻し、こんな(馬鹿息子)でも愛してくれた人々の為に、真っ当な道を歩ける人間になろうと。

(https://ncode.syosetu.com/n8915bv/より)

ご都合主義全開なのに面白い。時々えらく感動しました。転生ではなく、前世の記憶を取り戻す系お物語。記憶を取り戻すまでの傍若無人さを改めまっとうに歩んでいく主人公。家族愛や友人愛、恋愛と様々な愛に包まれ、世界に祝福されし主人公の輝かしいストーリー。王子との関係性が徐々に変わっていくのが個人的には一番の見どころではないかと。

甘く優しい世界で生きるには

 

 

まとめ

『小説家になろう完結済みのおすすめ作品は?アニメ化情報も!』というテーマでお伝えしてきましたがいかがだったでしょうか?

異世界に転生したり転移したりする流れや剣と魔法のファンタジー世界という設定というのが非常に多いにもかかわらず実にさまざまなストーリーがあり非常に楽しむことができますね。

今後もいろいろとなろう小説を読んでいくので、おすすめの作品が出てくるたびに更新をしていこうと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください