Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
雑記

赤ちゃん泣いてもいいよステッカーはなぜ必要?ネットの反応も!

赤ちゃん泣いてもいいよステッカーはなぜ必要なのかについての考察とネットの反応についてまとめたページです。

こんにちは!つきてんです。

赤ちゃん泣いてもいいよステッカーが広がりを見せているそうです。
公共の場での赤ちゃんの泣き声について寛容になろうという啓もう活動の一環のようですが、いったいなぜこのようなステッカーが必要になったのでしょうか?

またこの赤ちゃん泣いてもいいよステッカーに対してネットではどのような反応があるのかもきになったので今回調べてみることにしました。

ということで今回は『赤ちゃん泣いてもいいよステッカーはなぜ必要?ネットの反応も!』と題しまして、広がりを見せてきている『赤ちゃん泣いてもいいよ』ステッカーがなぜ必要になったのか、そしてステッカーに対してみなさんがどんな反応をされているのかをまとめていきたいと思います。

それではさっそく始めていきましょう。

赤ちゃん泣いてもいいよステッカーはなぜ必要?

つきてん
つきてん
赤ちゃん泣いてもいいよステッカーは少しでも親の精神的負担を減らすために必要なのではないかと感じています。

つきてんにも娘がおり、新幹線や飛行機で泣いたなんていうことは経験しています。
泣き止ませるためにあやしていくのですが、そう簡単にはいかないこともしばしばありました。

そうなると「周りに迷惑」という思いと「泣き止ませられない」といった自信喪失につながる思いがわいてきていました。

途中下車できるものであればしたりもしていましたが、できないときは精神的にはどんどん追い込まれていくような気がしていたのを記憶しています。

この赤ちゃん泣いてもいいよステッカーがあることで、「あぁ泣いてもいいんだな」と少しだけでも安心することで気持ちが落ち着き、赤ちゃんがなぜ泣いているのか、どうしてほしいのかなどについて冷静に考えることができるきっかけになっていくのではないかなと感じています。

赤ちゃんは意味なく泣くわけではないのでその原因を突き止めようともせずに、ただただあやすだけでは泣き止まないです。

公共の場で自分の子が泣き始めると、そんな当たり前のこともよく頭から抜けて必死に「泣き止ませよう」とだけしてしまっていたんですよね。

だからこの赤ちゃん泣いてもいいよステッカーがあることで「うちの子は今なにを求めてるのかな」って落ち着いて考えるための助けになるのではないかなと感じます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

赤ちゃん泣いてもいいよステッカーのネットの反応!

おわりに

赤ちゃん泣いてもいいよステッカーはなぜ必要なのかそしてネットではどんな反応があるのかについてお伝えしてきました。

様々な意見が出ていましたが、それでこの赤ちゃん泣いてもいいよステッカーが登場した意味はあるのではないかと考えられます。

許容する人しない人がいるのは当たり前ですし、むしろ現代の子育て事情はなかなかなにシビアなものがありますので、こうやって意見がたくさんでるのはいいことなのだと思います。

つきてんも一人の子育てを経験した保護者としてこのステッカーの意味については肯定的にとらえています。
もちろん赤ちゃん泣いてもいいよステッカーを水戸黄門の印籠よろしくなにもアクションを起こさない親は論外だと思います。

それでも少しでも精神的負担がへると思うので、そういった親のためには必要なステッカーなのだと思いました。

『赤ちゃん泣いてもいいよステッカーはなぜ必要?ネットの反応も!』を最後までお読みいただきありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください