CM

menu(メニュー)のCMソング(BGM)を歌っている歌手は誰?

こんにちは、つきてんです。

テイクアウトアプリ「menu(メニュー)」初のテレビCMが「あちこちオードリー~春日の店あいてますよ?~」(テレビ東京/関東ローカル)にて放映開始されましたね!

インパクトのあるCMを目指したという今作には佐々木希さんが起用されています。
相変わらずかわいいですよね!

そんなかわいい佐々木希さんばかりについつい目が行きがちですが、BGMの「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」に今回は注目していきます。

というのもこのCMソングを歌っている歌手は『矢沢洋子』さんという方でした!

そこで今回は『menu(メニュー)のCMソング(BGM)を歌っている歌手は誰?』と題して『矢沢洋子』さんに迫っていきたいと思います。

それではさっそく始めていきましょう。

menu(メニュー)のCMソング(BGM)を歌っている歌手は誰?

menu(メニュー)のCMソング(BGM)を歌っている歌手は『矢沢洋子』さんです!

なんと矢沢洋子さんはあの矢沢永吉さんの娘さんなんです!

まずはCMを再確認していきましょう。

「港の“ヨーコ”・ヨコハマ・ヨコスカ」を矢沢”ヨーコ”さんが歌うというなんともシャレのきいた形になっていますね。

矢沢洋子のプロフィールなど

矢沢洋子さんのプロフィールやこれまでの経歴などを確認していきましょう。

本名:矢沢洋子
別名:yoko
誕生日:1985年11月12日
出身地:東京都
学歴:上智大学

12歳から18歳まではロサンゼルスで過ごしていたという矢沢洋子さん。
上智大学を卒業した2008年にボーカルyokoとしてギターの大西克巳とユニットthe generousを結成しました。

翌年解散をし、2010年からは本名の矢沢洋子名義でソロ活動をされています。
8月には1st アルバム『YOKO YAZAWA』をリリース。

2017年ロックバンド ギターウルフのベーシスト、U.Gと入籍もしており、さらには多くの2世タレントと親交があるのだそうです。

また2014年からはex.GO!GO!7188のノマアキコ、ギタリストkemeと結成したバンドPIGGY BANKS名義での活動も行っています。

おわりに

menuのCM損語を歌っている矢沢洋子さんについてお伝えしてきました。

矢沢永吉さんの娘さんが歌っていたとは驚きでしたね!
しかも港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカを洋子さんが歌うというしゃれっ気たっぷりのCMでしたね!

ついつい佐々木希さんのかわいい姿だけに目を奪われがちですが、耳でも楽しんでみられてはいかがでしょうか?

『menu(メニュー)のCMソング(BGM)を歌っている歌手は誰?』を最期までお読みいただきありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください