自然

キャー(サイクロン)の意味や由来は?観測史上最強でヤバイと話題!

こんにちは!つきてんです。

アラビア海で発生しているサイクロン『キャー(Kyarr)』の勢力が強すぎてヤバイと話題です。

日本語にすると少しかわいくも聞こえてしまう『キャー』という名前にも注目が集まっていますね。

そこで今回は『キャー(サイクロン)の意味や由来は?観測史上最強でヤバイと話題!』と題しまして、観測史上最強スーパーサイクロンの『キャー(Kyarr)』に迫っていこうと思います。

それではさっそく始めていきましょう!

キャー(サイクロン)の意味や由来は?

Pexels / Pixabay

つきてん
つきてん
スーパーサイクロン『キャー(Kyarr)』の意味はミャンマー語で『虎』を表します。

サイクロンの名前はサイクロンの影響のある8か国がそれぞれ8個ずつの合計64個の中から順々に命名されます。

ちなみにその8か国とはバングラデシュ、インド、モルディブ、ミャンマー、オマーン、パキスタン、スリランカ、タイです。

64個の名前には「風」を表したり「女性の名前」が由来だったりするものがあり、法則性があるわけではなありません。

昔話や伝説などから引用していたり、覚えやすさを重視していたり名前の由来としては様々あるようです。

日本に来る台風にも同様に名前が付けられており、こちらも複数の国がそれぞれ出し合った名前を付けています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

キャー(サイクロン)が観測史上最強でヤバイと話題!

サイクロン『キャー(Kyarr)』はサイクロンのランクの中でも最上位の「スーパーサイクロン」に属しており、台風いうところの『猛烈な』に相当するヤバイサイクロンです。

そんなスーパーサイクロンの中でも「観測史上最強」との声があることからめちゃくちゃヤバイサイクロンだということがわかりますね。

影響のある国や地域に大きな被害が出ないことを祈るばかりです!

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おわりに

観測史上最強スーパーサイクロン『キャー』の名前の意味は『虎』でした。

荒れ狂う猛虎のごとく猛威を振るいそうなほどの強さのサイクロンですが、上陸せずに消滅していくことが望まれますね。

影響のある国や地域に大きな被害が出ないことを心よりお祈り申し上げます。

『キャー(サイクロン)の意味や由来は?観測史上最強でヤバイと話題!』を最後までお読みいただきありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください