テレビ番組

【たんばJUNちゃん農園】丹波すぐれもの大賞を受賞した大人のポン菓子とは?【兵庫県丹波市】

こんにちは、つきてんです。

2018年11月3日(土) 18時00分~18時30分 の放送の人生の楽園は「笑顔はじけるポン菓子~兵庫・丹波市」です。主人公が運営するたんばJUNちゃん農園の話やそこで作られている大人のポン菓子についての話があるそうです。少し調べてみたのでご覧ください。

 

人生の楽園 笑顔はじけるポン菓子~兵庫・丹波市 番組内容

次回は兵庫県丹波市が舞台。丹波の幸を使ったポン菓子で地元を盛り立てている岡田龍雄さん(66歳)と妻の潤子さん(67歳)が主人公です。
丹波市に生まれた龍雄さんは、県立病院の臨床検査技師に。24歳の時、同僚の潤子さんと結婚し、3人の子供を育てました。定年後、孫たちを喜ばせようと購入したのが、ポン菓子機でした。先祖から受け継いだ畑とポン菓子機が結びつき、自ら育てた黒大豆で新しいポン菓子を生み出そうと考えたご夫婦。県からの助成金で加工場を作り、去年2月、丹波の食材で作るポン菓子の製造と販売を始めました。
お2人は築100年を越える龍雄さんの実家で、観光農園とポン菓子作りをする「たんばJUNちゃん農園」を始めました。先祖から受け継いだ畑を守ろうとサツマイモに蕎麦、丹波黒大豆を育て収穫体験も行っています。外から多くの人を呼び込もうとしているご夫婦の頑張りを、地域の人たちも応援しています。
「たんばJUNちゃん農園」のポン菓子で一番人気は、「大人のPongashi」。黒大豆を使い、砂糖とバターのカラメルで味付けします。「大人のPongashi」は今年、県の「丹波すぐれもの大賞」に選ばれました。焦がしバターの風味とホロっと崩れる食感が癖になる、大人の味です。
戦国時代、明智光秀による攻撃を長期にわたってしのいだ山城「黒井城」。龍雄さんは、この場所にちなんだ新作のポン菓子も試作中。いつも夢を追い続けています。
「たんばJUNちゃん農園」で黒大豆を育てポン菓子を作る岡田龍雄さん、潤子さんご夫婦。お2人を支える家族、訪れる人々や地域の方々との交流を紹介します。

(https://www.tv-asahi.co.jp/rakuen/より)

まずはポン菓子からの始まりだったんですね。ポン菓子を作るあの機械、音にびっくりするけれどすぐに甘いにおいにときめいてしまいますね。子供の頃縁日なんかで見かけると食い入るように見ていた記憶があります。そんなポン菓子を作る大豆を自分で作ろうと農園を始められたのですね。収穫体験も盛んに行っているそうです。いってみたいものです。

 

たんばJUNちゃん農園の大人のポン菓子とは?

https://juntyannouen.jimdo.com/ より

丹波の特産品である黒豆・大納言小豆などを、兵庫県認証食品の「しぐら米」(加古川の源流で清流が絶えることなく流れる山里、丹波市青垣町しぐら谷で足立隆さん栽培)玄米のポン菓子に混ぜ砂糖とバターだけの、シンプルな素材で仕上げました。余分な添加物は一切添加していませんので、安全・安心で純粋で素朴な味を楽しんでいただけるものと思います。ポロポロと口の中でカラメルからこぼれ落ち優しく広がる丹波の味覚をお楽しみください。

(https://juntyannouen.jimdo.com/ より)

ポン菓子ってお米でつくるものだって思ってましたけどほかのものでもできるんですね。無添加で作ってあるとのことなので優しい味わいがきっと人気の秘密ですね。昔ながらのお菓子ってシンプルだけど飽きがこなくてつきてん一家も大好きです。

公式サイトから通販ができるようなのでリンクを張っておきます。

丹波JUNちゃん農園

 

たんばJUNちゃん農園 まとめ

体験農園や大人のポン菓子意外にも自家焙煎珈琲の販売や蕎麦打ち体験もできるたんばJUNちゃん農園。大人のポン菓子にも使ってある目玉の黒豆狩りもあるそうです。めちゃくちゃいってみたい。なかなかつきてん家からは遠いところですが、近くだったらぜひ娘を連れていきたいと思いました。

 

たんばJUNちゃん農園 アクセス

住所:兵庫県丹波市春日町下三井庄244

 

アクセス

・大阪方面からは中国道〜舞鶴若狭道春日IC〜県道69号線を東へ (春日インターから約15分)所要時間約75分

・神戸方面からは新神戸・六甲トンネル〜舞鶴若狭道春日IC〜県道69号線を東へ (春日インターから約15分)所要時間約65分

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください