CM

JR東日本のCMまちづくり編の女性は誰?名前や出演作は?

こんにちは、つきてんです。

JR東日本のグループ企業CM「まちづくり編」が公開されていますね。
鉄道のみならず街そのものをつくりあげていく、そんなイメージのJR東日本のCMです。
BGMのサンボマスターの「できっこないを やらなくちゃ」もいい雰囲気を演出しています。
さらに今ある意味話題の高輪ゲートウェイ駅も登場します。駅名の今後が気になるところですが今日はおいておきましょう。

そんなJR東日本のCM「まちづくり編」の冒頭と最後に登場する電車に乗っている女性が誰なのか気になっている方も多いのではないでしょうか?

ということで今回は『JR東日本のCMまちづくり編の女性は誰?名前や出演作は?』というテーマでおつたえしていきたいと思います。

JR東日本のCMまちづくり編の女性は誰?名前や出演作は?

気になるあの女性の名前は『中島セナ』さんという方でした。
では、彼女のプロフィールや出演作についてみていきましょう。

https://www.instagram.com/p/BlRWkn0BQwU/

中島セナさんのプロフィール
生年月日:2006年2月17日
身長:163cm
出身:東京都

この中島セナさん、まず驚くべきは12歳であること。
CMはスーツ姿の女性なので、完全に大人だと思っていました。
雰囲気が完全に大人です。


そんな中島セナさんはスカウトされて、2017年からモデル活動を開始。
小学生ながらに「COMMERCIAL PHOTO」や「POPEYE」の表紙に抜擢さ注目が集まりました。
その後はモード系のファッション雑誌を中心に活動されています。


さらに2018年には『クソ野郎と美しき世界』というSMAPメンバー出演のオムニバス映画の中の『慎吾ちゃんと歌喰いの巻』というエピソードでヒロイン抜擢され女優デビューを果たしています。

CMやミュージックビデオにも複数出演しており、2019年にはさらに様々な出演が増えるのではないかと噂されている、今大注目のモデル・女優さんの一人です。

いや~、本当に大人っぽい。

まとめ

『JR東日本のCMまちづくり編の女性は誰?名前や出演作は?』というテーマでお伝えしてきましたが、いかがだったでしょうか?

CMの女性がまさか12歳だったのには驚きましたが、JR東日本のまちづくり編のCMの雰囲気にはよく似合っていたと感じました。

昨年デビューをし、2018年に大注目を浴びた中島セナさん。2019年は雑誌のモデルはもちろんとして、そのほかにも活動の場をさらに広げていくのでしょうか。今後が楽しみなモデル・女優さんですね。

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
よろしければブックマークをしていただけると幸いです。では。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください