雑記

自動ブレーキはマニュアルにつけられる?義務化でMT車はどうなる?

こんにちは!つきてんです。

国内で販売される新車に衝突被害軽減ブレーキ(自動ブレーキ)の取り付けを義務づける方針が政府から発表されましたね。

新型の乗用車は早ければ2021年度から、そして既存の車種はその数年後から義務づける方向だということです。

不意の事故を減少させるという点においてとても有意義なことかなとは感じるのですが、自動ブレーキと聞いて一つ気になることがありました。

それはこの自動ブレーキはマニュアル(MT) 車にはつけられるのかということ。
もしつけられないんだったから今後マニュアル(MT)車はなくなってしまうのでしょうか?

そこで今回は、『自動ブレーキはマニュアルにつけられる?義務化でMT車はどうなる?』と題しましてお伝えしていこうと思います。

それではさっそくはじめていきましょう。

自動ブレーキはマニュアルにつけられる?

自動ブレーキのついたマニュアル(MT)車はすでにあります。

トヨタのカローラアクシオやフィールダー、ホンダのフィット、マツダのアテンザやアクセラ、スズキのスイフトなど国産のマニュアル車の中にもすでに自動ブレーキが搭載されている車種はいくつもあります。

とはいえマニュアル(MT)車のすべてに自動ブレーキが搭載されているわけではないので、今回の自動ブレーキ義務化の影響は大きくなりそうですね。

自動ブレーキ義務化でMT車はどうなる?

自動ブレーキはまず新型の車両で義務化されます。
これが2021年度からなのだそうで、すでにメーカーの開発はこれを見越して開発をしているのでしょうね。

そしてやはり影響が大きそうなのは、既存の車種についても2021年度から数年後に自動ブレーキが義務化されるということですね。

マニュアル(MT)車の中でもすでに自動ブレーキがついている車種があるのは先ほどもお伝えした通りですが、ついていない既存車種にも搭載をしなければならなくなるということで、果たしてマニュアル(MT)車はどうなっていくのでしょうか?

2021年度以降、マニュアル(MT)車の新型車はさらに減少していくのではないかと考えられます。
とはいえマニュアル(MT)車にはマニュアル(MT)車にしかない良さや、魅力があり根強いファンがいることも事実なので、全くなくなるということはないのではないかと考えています。

現状でもマニュアル(MT)車と自動ブレーキは共存を果たしているわけですからなくしてしまう理由にはなりませんしね。

また自動ブレーキ義務化に対してはこのような意見も出ています。

確かに高齢者の運転という点で考えるとむしろマニュアル(MT)をある年齢から義務化し、返納を促すという考え方は面白いなと思います。

初心者の事故を減らすという点での自動ブレーキは確かに効果が高そうだと感じますし、自動ブレーキを付けたからといっていわゆる「アクセルとブレーキを踏み間違えた」はなくならないでしょうからね。
その点マニュアル(MT)であればエンストしてくれるので踏み間違いによる事故は減るのではないかというわけですね。

おわりに

自動ブレーキが義務化されることで、重度の事故の程度が少し和らいだり、軽い事故が減ったりといい効果も期待できます。

マニュアル車にも自動ブレーキがついているものがすでにあるということもわかりましたので、今後マニュアル車がなくなるということはなさそうですね。

『自動ブレーキはマニュアルにつけられる?義務化でMT車はどうなる?』を最期までお読みいただきありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください