人物

今村夏子のプロフィールは?出身高校・大学や家族(夫・子供)も調査

『むらさきのスカートの女』で第161回芥川賞を受賞した今村夏子さんのプロフィールや経歴についてご紹介するページです。

こんにちは、つきてんです。

令和初の芥川賞を受賞した今村夏子さんとはいったいどのような方なのか気になったので調べてみました!

ということで今回は『今村夏子のプロフィールは?出身高校・大学や家族(夫・子供)も調査』と題してお伝えしていこうと思います。

今村夏子のプロフィールは?

今村夏子プロフィール

生年月日ː1980年2月20日
出身地:広島県広島市安佐南区
受賞歴
・「あたらしい娘」⇒太宰治賞(2010年)
・「こちらあみ子」⇒三島由紀夫賞(2011年)
・「あひる」⇒河合隼雄物語賞(2017年)
・「星の子」⇒野間文芸新人賞(2017年)

大学卒業後に就職をしなかった今村夏子さんは、25歳~30歳のころまでホテルの清掃業のアルバイトをされていました。

しかしある日突然バイト先に「明日休んでください」と言われます。
そしてその帰り道になぜか「小説を書いてみよう」と思い手書きで執筆を開始したそうです。
その後パソコンを購入し清書したのがデビュー作「あたらしい娘」です。
この作品で今村夏子さんは太宰治賞を受賞されています。

つきてん
つきてん
小説を書き始めたきっかけに思わず笑ってしまいますね。その小説で太宰治賞を受賞してしまうのですから…なにかしら運命めいたものを感じてしまいます。

その後もいくつかの作品を発表し、数々の賞を受賞。
2016年に「あひる」、2017年に「星の子」で共に芥川賞の候補となりますがいずれも落選。

 

そして2019年「むらさきのスカートの女」が3度目となる芥川賞へのノミネートとなり、見事受賞されました。

ママ
ママ
会見で今村夏子さんが「芥川賞について一生取れないものだと思っていたため驚いた」というコメントのあとに「芥川龍之介の作品はあまり知りません」って言っていたのが印象的ね。キャラがでてるわね。

 

今村夏子の出身高校・大学は?

エミ
エミ
今村夏子さんは広島県内の高校、大阪の大学を卒業したんだって。

現時点で出身高校、大学ともに学校名は公表されておりません。
出身大学の名前も気になりますが学部も気になりますよね。

やっぱり文学部なのかなと想像してしまいますが、実際にはどうなのでしょう。
思い付きで小説を書きはじめたというきっかけの持ち主なので、文芸とは全く関係のない学部の出身ということも考えられますね。

あきらかになり次第追記してまいります。

 

 

今村夏子の家族(夫・子供)は?

ママ
ママ
今村夏子さんは夫と娘さんの3人家族なんですってよ。

今村夏子さんは2013年にご結婚されています。
そして2017年には女の子を出産し、現在は夫と娘と3人で大阪市内で暮らしているのだそうです。

小さいお子さんを抱えての執筆活動だったのですね。
日に5時間は執筆に充てているそうなので、子育ての合間を縫ってお仕事をされているのかもしれませんね。
旦那さんの理解や協力も大きかったのではないでしょうか。

おわりに

2019年の令和初となる芥川賞を受賞された今村夏子さんについてお伝えしてきました。

・出身高校は広島県内の高校
・出身大学は大阪の大学
・結婚しており、夫と娘の3人家族

今後発表される作品にも注目ですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください