雑記

【IAP呼吸法やってみた】姿勢がよくなり便秘まで解消!【スタンフォード式疲れない体】

こんにちは、つきてんです。

巷で話題のスタンフォード式。

睡眠法と迷ったのですがまずはこちらから。

日々疲れを感じている私でしたので

騙されたと思って試してみようと思い購入。

中に書いてあるメソッドを1週間ほど

実践してみたところ・・・

姿勢がよくなり、便秘が解消されるという

なかなかおもしろい結果になりました。

ということで今回は『【IAP呼吸法やってみた】姿勢がよくなり便秘まで解消!【スタンフォード式疲れない体】』というテーマでお伝えしていきます。

IAP呼吸法とは?

簡単に言えば

「吸うときも吐くときもお腹を膨らませている呼吸」

腹式呼吸と同じだと思った方がいるかもしれませんが

決定的に違います。

息を吐くときにお腹をへこませるのが腹式呼吸なのに対し

このIAP呼吸法ではお腹を膨らませたまま息を吐きます。

方法に関しては本を読んでいただくのがよろしいと思います。

わかりやす・・・いとは言えなかったですけど

イラストは座ってやる方法でしたが、

個人的には寝転んでやるとわかりやすかったです。

IAP呼吸法の効果

IAP呼吸法を実践すると以下のような効果が期待できると

「スタンフォード式疲れない体」には書いてあります。

  • 腹圧が高まることで、体の中心(体幹と脊柱)がしっかり安定する
  • 体幹と脊柱が安定すると、正しい姿勢になる
  • 正しい姿勢になると、中枢神経と体の連携がスムーズになる
  • 中枢神経と体の連携がスムーズになると、体が「ベストポジション」(体の各パーツが本来あるべきところにきちんとある状態)になる
  • 体が「ベストポジション」になると、無理な動きがなくなる
  • 無理な動きがなくなると、体のペフォーマンス・レベルが上がり、疲れやケガも防げる

「スタンフォード式 疲れない体」p.72,73 より

体がベストポジション・・・まぁ最近話題のゼロトレも同じような

おなじようなことを言っていますね。

つまり世の中みんな疲れてて歪んでるとw

IAP呼吸法で姿勢がよくなり便秘が解消した

1週間ほどIAP呼吸を実践していますが、

姿勢がよくなった実感がものすごくあります。

心なしか体が軽くなった気もするくらいに調子がいいです。

さらに私の場合、姿勢が整ったことで内臓も正しい位置に戻り

IAP呼吸の刺激もあってか、便秘が解消しました。

元々ひどくはないのですが、出たりでなかったり不規則だったのです。

しかしIAP呼吸を始めてからは毎日というか毎朝きちんと出るように。

きっかけってどこに転がっているかわからないものです。

IAP呼吸法やってみた まとめ

『【IAP呼吸法やってみた】姿勢がよくなり便秘まで解消!【スタンフォード式疲れない体】』というテーマでお伝えしてきましたがいかがだったでしょうか?

1週間ほど続けているIAP呼吸法ですが

まだまだ意識をしないとできません。

ゆっくり手順を思い返しながらちょいちょいやっている感じです。

日常的にこれができるまでにはしばらくかかりそうですが

これからも続けていきたいと思います。

せっかく姿勢がよくなったのですから維持させていかないと。

この「スタンフォード式疲れない体」はIAP呼吸法を中心として

さまざまな疲労予防疲労回復の話がでてきます

イラストも使ってあるので実践はしやすいと思います。

ちょっと説明不足かなと思うところもなくはないですが

個人的には買ってよかった一冊となりました。

こういうのって出会いと相性だと私は思っているつきてんでした。

スタンフォード式疲れない体 [ 山田知生 ]

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください