レジャー

伏見稲荷大社の初詣2019の屋台営業時間はいつまで?おすすめも!

こんにちはつきてんです。

つ全国の稲荷神社の総本山、伏見稲荷大社。つきてんは一度け訪れたことがありますが、時間の都合により全て道を歩くことができませんでした。ぜひまた訪れたい場所の一つです。

2011年には稲荷大神のご鎮座1300年を迎え、長い歴史を持つ伏見稲荷大社。「庶民信仰の社」として今も昔も多くの人に親しまれていますね。

そんな伏見稲荷大社の初詣には例年多くの人が訪れ、年明けのピーク時には参拝まで2,3時間待つことも珍しくはないのだとか。早朝5~6時あたりや4日以降が混雑を気にせずに参拝できるそうです。

多くの人が集まる伏見稲荷大社には当然多くの屋台が出店します。

ということで今回は『伏見稲荷大社の初詣2019の屋台営業時間はいつまで?おすすめも!』というテーマでお伝えしていきます。

それでは早速始めていきましょう。

 

伏見稲荷大社の初詣2019の屋台営業時間はいつまで?

初詣の期間には伏見稲荷大社の表参道、裏参道、そして境内に数多くの屋台が出店します。その営業期間や営業時間がいつまでなのかを調べてみました。

営業期間:12月31日の23時頃から2月2日の午前中まで

営業時間:12月31日の23時から1日24時までは終日営業

1月2日以降は10時から22時まで

店によって営業時間は少し異なるそうですが、大体の屋台がこの期間、この営業時間で出店をしているそうです。

驚くのは営業期間ですよね。2月までってすごい。なんなら一年中出店している屋台もあるのだそうです。

伏見稲荷大社は民衆の神様であると同時に、京都の中でもトップクラスの観光地であるということを考えれば納得することもできますね。

 

伏見稲荷大社初詣2019のおすすめ屋台

せっかく伏見稲荷大社に初詣にいくのだったらぜひ押さえておきたいおすすめ屋台についてお話していきます。

270万にもの参拝者が訪れる伏見稲荷大社ですから、表参道、裏参道、境内に実に様々な多くの屋台が立ち並びます。

お祭りでもおなじみのザ・屋台なものもいいけれど、ここでご紹介するのはせっかく伏見稲荷大社に行くのだからチェックしておきたい屋台です。

豆腐ステーキ

豆腐のステーキです(そのまま)京都の豆腐で作った揚げ豆腐だそうです。なんでもここにしかないということなのでぜひ味わってみたい逸品ですね。見た目にもとてもおいしそうです。

 

すずめとうずらの丸焼き

名前と見た目で敬遠される方がいるそうですが、味は格別。つきてんも一度訪れた時に食べましたがとてもおいしく、見た目で避けている人はもったいないと思いました。

伏見稲荷では古来から親しまれてきたもので、五穀豊穣の神を祀る伏見稲荷大社で、その五穀を食い荒らすすずめを退治することからはじまったという謂れがあります。

 

キツネグッズ屋さん

やはり稲荷といえばキツネですね。伏見稲荷大社の屋台や周辺の商店では数多くのキツネグッズを取り扱っています。かわいいものからいぶし銀なものまでそれはもう様々に。キツネグッズ巡りをするのも楽しいと思いますよ。

焼き団子

これまた伏見稲荷大社の名物。名前の通りの焼いたお団子。この焼いている風景がいいですよね~。白とヨモギの二種類があるそうです。こんがりと焼かれた団子は香ばしさともっちり食感がナイスコラボレーションでしょうね。

干し柿

いぶし銀な名物になるのでしょうか。干し柿の屋台。紹介しているツイッターのつぶやきの写真の干し柿、美しいと思いませんか?投稿者さんがおっしゃるようにこんなに見事な干し柿がその値段で買えるなら、つきてんは飛びつきます。だってこれめちゃくちゃうまい干し柿でしょ?

伏見稲荷大社の初詣2019の屋台 まとめ

『伏見稲荷大社の初詣2019の屋台営業時間はいつまで?おすすめも!』というテーマでお伝えしてきましたがいかがだったでしょうか?

長い期間屋台が出ているのが伏見稲荷大社の魅力の一つなので、人が混雑していない3が日以降を狙っていってみるのもいいかもしれません。

おひとりさまでも家族みんなでも、また参拝デートとしても伏見稲荷大社のお参りと周辺の屋台散策をするのはとても素晴らしい時間を過ごすことができるでしょう。

今度の初詣は屋台を目指して伏見稲荷大社を訪れてみるのもいいのではないでしょうか。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください