イベント

ふるさと祭り東京2019の混雑予想!開催期間やチケット情報も!

ふるさと祭り東京2019-日本のまつり・故郷の味-とは、東京ドームで毎年1月に開催される、全国各地の名産が集う最大規模の物産展です。また併設されているステージでは、極採食に彩られた山車を豪快に曳き回す「青森ねぶた祭り」やお囃子に合わせて巨大な竿燈をダイナミックかつスリリングに操る「秋田竿燈まつり」など、全国の有名なお祭りが披露されます。

2009年に始まったこのふるさと祭り東京は今年で11年目を迎えます。2014年以降は開催期間中の来場者数が40万人を突破した人気イベントで、今回の2019年もこれまで同様多くの来場者が見込まれています。

そこで今回は『ふるさと祭り東京2019の混雑予想!開催期間やチケット情報も!』というテーマでふるさと祭り東京2019についてお伝えしていこうと思います。

ふるさと祭り東京2019の混雑予想!

ここではふるさと祭り東京2019の開催概要や混雑予想についてお伝えしていきます。

ふるさと祭り東京2019 開催概要

開催期間:2019年1月11日(金)から1月20日(日)
開催時間:11日から19日⇒10:00から21:00
          20日⇒10:00から18:00
     ※入場は閉場の30分前まで。
開催場所:東京ドーム
公式HP:ふるさと祭り東京2019

ふるさと祭り東京2019 混雑予想

毎年ふるさと祭り東京は、10日間ほどの開催期間で40万人もの来場者数があります。つまりは単純計算で日に4万人の来場者があるわけです。
今回2019年の開催も例にもれず多くの人が参加することが予想されます。

やはり土日祝は大変混みあうようで、ステージの観客席も熾烈な争奪戦になる模様です。
物産ブースは超満員で、肩と肩が触れるのはもちろんのこと、ラーメンなどの汁や飲み物が飛び交っている恐れもあるのだとか。

午前中はお年寄りが目立ち、昼前後でピークに。そして15時を過ぎたあたりから少し混雑が軽減し、18時以降にはほどよい混み具合になるという感想もありました。

混雑を少しでも回避するには?

混雑を少しでも回避するためのポイントを列挙しておきます。

  • チケットは前もって買っておくこと
  • 平日が可能なら平日に参加する
  • 開始時間前に会場入りし、始まるのを待つ
  • 18時以降の夜を狙う
  • 事前に行きたい店を決めておき、マップに記載しておく
  • 雨の日を狙う

あくまでも、「少しでも」軽減できる程度だと思いますが、何もしないよりはましなはずです。
入場チケットは必ず事前に買っておきましょう。当日券を買うのに並ばなければならないので。
そして出店情報やマップを公式HPで確認し、絶対に行きたいお店を決めてマップにチェックしておきましょう。

人気の出店は当然のごとく行列ができます。せっかくのイベントなので全力で楽しむためには最低限の達成目標を決めておきましょう。
あれこれ悩むのもイベントの楽しみの一つですが、それは最低目標を達成したあとにするといいですよ!

ふるさと祭り東京2019のチケット情報

ここではふるさと祭り東京2019にのチケット情報についてお伝えしていきたいと思います。

多種多様なチケットがあるのでご自分のニーズに合わせた選択をしていきましょう。
とはいえ当日券はオススメできません。前売り券のほうが安いですし、当日会場で余計に並ぶ手間もかかりますので。
前売り券の販売終了が1月10日なので、それを逃してしまった場合のみに利用することになるかと思います。

当日券

一般入場券      :1700円
平日限定入場券:1400円
イブニング券   :1300円
 ※会期中の16時以降に利用できるチケットです。

公式ホームページで販売される前売りチケット

一般入場券      :1500円
平日限定入場券:1200円
イブニング券   :1300円
グループ4      :5600円
 ※4枚のチケットが発券されます。
通し券:4000円
 ※限定1000枚、期間中何度でも入場できるチケット

詳しくはこちらをご確認ください
オンラインチケットサービス

その他コンビニ等で販売される前売りチケット

・優先入場付特別指定席券
優先入場レーンより入場できるチケットで、荷物を専用クロークに預けることができます。
また、どんぶりチケットが専用クロークで買うこともできます。

・特別観覧席チケット
お祭り広場で開催されるすべての演舞を正面から観覧することのできる特等席。
どんぶり券つきのチケットもあります。

他にもセブンイレブン限定のチケットなど、数多くのチケットがあります。
詳しくはこちらからご確認ください。
チケット情報

まとめ

『ふるさと祭り東京2019の混雑予想!開催期間やチケット情報も!』というテーマでお伝えしてきましたがいかがだったでしょうか?

今回で開催11年目となるこのイベント。常連の方の中には、もはやイベントではなく帰省のようなものだとおっしゃる方もいるのだとか(笑)
北は北海道から南は沖縄まで、本当に全国各地からの素晴らしい名物や特産品、そしてお祭りが一堂に会しますので、言ってみれば期間中は東京ドームが小規模な日本そのものになるということですね!

一日で日本を旅した気分にもなれるこの「ふるさと祭り東京」にみなさんも足を運んでみてはいかがでしょうか?

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ふるさと祭り東京2019に授乳室はある?ベビーカーは持ち込める?こんにちは、つきてんです。今回で11回目を迎える「ふるさと祭り東京」、毎年十日間ほどの開催期間中に40万人以上もの来場者がある人気イベン...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください