レジャー

藤川天神臥竜梅2019の見頃はいつ?見どころは?|鹿児島薩摩川内

こんにちは、つきてんです。
もうすぐ梅の季節ですね。
可憐で美しい花を咲かせる梅は春の訪れを感じさせてくれますよね。
鹿児島にも梅の名所は何か所もありますが、つきてんが一番好きなのは薩摩川内市にある藤川天神の臥竜梅です。
ということで今回は『藤川天神臥竜梅2019の見頃はいつ?見どころは?|鹿児島薩摩川内』というテーマでお伝えしていこうと思います。

藤川天神の臥竜梅|鹿児島県薩摩川内市

鹿児島県薩摩川内市にある藤川天神には学問の神様としておなじみの菅原道真公が祀られています。

そのため藤川天神は地元の方には「菅原神社」と呼ばれており、受験シーズンには多くの受験生でにぎわいます。

太宰府で没したとされている道真公ですが、実は藤川北野の地に逃れており、その際自らでお手植えになった梅の一株が繁茂して現在に至るとの言い伝えがあるそうです。

藤川天神には梅に木が約150本植えてあります。
このうちの50株はその幹を地上に伏せ、その姿がまるで伏した竜のように見えることから「臥竜梅(がりゅうばい)」と呼ばれるようになりました。

この藤川天神の臥竜梅は毎年2月の中旬から3月の上旬にかけて薄っすらと桃色がかった美しい花を咲かせ訪れた人々を楽しませています。

藤川天神 基本情報

住所:鹿児島県薩摩川内市東郷町藤川
電話番号:0996-42-1111(薩摩川内市東郷支所)
営業日:通年
駐車場:100台

藤川天神臥竜梅2019の見頃はいつ?見どころは?

藤川天神臥竜梅2019の見頃はいつ?

藤川天神の臥竜梅、2019年の見頃はいつなのかですが、例年通りであれば2月中旬から3月上旬となるはずです。
しかし2019年1月18日現在、すでに咲き始めているとの情報をTwitterで発見しました。

2019年2月3日現在、まだまだつぼみが多いとの情報を発見しました。

とはいえ、以前つきてんが訪れた時は2,3本の木以外は全く咲いていないという状況だったので今後の様子を注視していくのがいいかと思います。
今後も情報を集めて随時更新していきますね!

2月22日に下記の状態だったそうです!
23日(土)と24日(日)は4分咲くらいですが、梅の鑑賞を楽しめそうです。
3月に入るといよいよ本格的に見頃を迎えるといったところですね!

藤川天神臥竜梅2019の見どころは?

View this post on Instagram

#藤川天神臥竜梅

A post shared by 写真集PhotoGallery桜島Mt.Sakurajima (@kanpachi0813) on

藤川天神の見どころはなんといっても臥竜梅です。
地に伏せた竜のごとき幹から分かれた枝に咲く可憐な花のコントラストが大変美しいですね。
春の息吹を感じさせてくれるそのたたずまいを見るだけでなんだか元気をもらうことができます。

また、藤川天神に向かう途中、道路に沿って多くの梅が植えられており、梅を見ながらのドライブを楽しむことができます。
これもまた藤川天神の見どころの一つともいえるのではないしょうか。

まとめ

『藤川天神臥竜梅2019の見頃はいつ?見どころは?|鹿児島薩摩川内』 というテーマでお伝えしてきましたがいかがだったでしょうか?

まだ2019年の藤川天神の臥竜梅の見頃がいつなのかははっきりしませんが、多少例年より速かったとしても二月の後半に訪れるのがいいのかもしれません。

こちらの記事にて随時情報を更新していこうと思いますので参考にしていただければと思います。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください