ドラマ

ドクターX|四日市清昭役(陸上選手)の俳優は誰?プロフィールも!

こんにちは!つきてんです。

2019年11月7日21時から放送の「ドクターX」の第4話に登場する日本陸上界のエース四日市清昭役の俳優さんが誰なのか気になった方も多いのではないでしょうか?

つきてんもその一人だったので、今回『ドクターX|四日市清昭役(陸上選手)の俳優は誰?プロフィールも!』と題しまして気になるイケメンについて調査してみることにしました。

それではさっそく始めていきましょう。

ドクターX|四日市清昭役(陸上選手)の俳優は誰?

ドクターXの第4話で日本陸上界短距離のエース・四日市清昭(よっかいち きよあき)を演じている俳優は『岡田健史』さんでした!
膝の滑膜肉腫という病魔に侵されている陸上選手という役どころを演じていました。

 

岡田健史さんは初めて会った米倉涼子さんを見て「大門先生だ!」となんとも初々しい印象を抱いたとお話しされています。

元高校球児という岡田健史さんは豪華な顔ぶれの中で演じるにあたって「どんな球を投げようか、ワクワクした」とコメントをされています。

なんとも元高校球児らしい役への意気込みですよね!

岡田健史(おかだけんし)さんのプロフィールなど

https://www.instagram.com/p/BuYhWejjcy4/

ここではドクターXの第4話で日本陸上界短距離のエース・四日市清昭(よっかいち きよあき)を演じている俳優は『岡田健史』さんのプロフィールやこれまでの出演歴などについてまとめていきたいと思います。

岡田健史(おかだけんし)のプロフィール

生年月日:1999年5月12日
出身:福岡県
血液型:O型
身長:180cm
趣味:筋トレ、映画鑑賞
特技:野球
所属事務所:SPICE POWER

2018年にスカウトを受け芸能界へと入った岡田健史さん。

TBSドラマ『中学聖日記』で主演の有村架純さんの相手役『黒岩晶』という大役で俳優デビューをし大きな話題となりました。

なんとこの役のオーディションは資料だけでも500人を超えていたという大きなオーディションだったようで見事に役を勝ち取った岡田健史さんは第99回ドラマアカデミー賞助演男優賞を受賞されています。

デビュー作から大役でしかも賞を受賞しているとは、これから先の活躍が非常に楽しみな俳優さんですね!

写真集も出しており、イケメンっぷりを堪能することもできます。

 

さらに2019年に福岡県・佐賀県のローカル放送のドラマ『博多弁の女の子はかわいいと思いませんか?』で初主演も果たしています。

最期に岡田健史さんのこれまでの出演歴についてまとめていきます。

岡田健史の出演歴

・『中学聖日記』黒岩晶役(2018年 TBS)
・『博多弁の女の子はかわいいと思いませんか?』主演・東 京(あずまみやこ)役(2019年 FBS福岡放送)
・『フォローされたら終わり』仲村壮太郎役(2019年AbemaTVオリジナルドラマ)
・『ドクターX ~外科医・大門未知子~』第4話 四日市清昭役(2019年 テレビ朝日)
・映画『弥生、三月ー君を愛した30年ー』あゆむ役(2020年)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

岡田健史のイケメンインスタ画像まとめ

https://www.instagram.com/p/BrpObY7Dsoa/

View this post on Instagram

写真集 『鼓動』では、 まだ少年の面影を残す17歳の岡田健史、年相応であり等身大19歳の岡田健史、少し大人になった21歳の岡田健史を演じきりました。 何をもって“幼い” “大人っぽい”と言うのか、定義は何なのか…難しいところです。 でも、そのわからないモノを表現してみようと、自分なりにテーマを持って、課題を課して、取り組みました。 舞台、ドラマや映画など映像とはまた違った“写真”を通じて表現することに挑戦したのが『鼓動』です。 年齢が異なる3人が登場する『鼓動』はパラレルワールドのような世界観になっています。 私自身も俳優としてこの写真集を作っていく過程がとても楽しく、得難い経験となりました。 最高なフォトグラファーのお2人をはじめとする、最高のスタイリストさん、ヘアメイクさん、コーディネーターさん、最高なスタッフの方々と一緒に創りあげることができて本当に感謝の気持ちでいっぱいです。 IBUKI (Los Angeles)@ibuki_k 宮坂浩見(Japan)

A post shared by Kenshi Okada 岡田健史 (@kenshi_okada_official) on

View this post on Instagram

Glitter 悪ぶってみた。

A post shared by Kenshi Okada 岡田健史 (@kenshi_okada_official) on

ドクターX 第4話のあらすじをおさらい

 世界記録を叩き出した日本陸上界のエース・四日市清昭(岡田健史)が右足の痛みを訴え、強化合宿先から緊急帰国。「東帝大学病院」に極秘入院する。
さっそく、次世代インテリジェンス手術担当外科部長の潮一摩(ユースケ・サンタマリア)は大門未知子(米倉涼子)や海老名敬(遠藤憲一)を除いた少人数だけでカンファレンスを実施。AIの診断のもと、四日市は膝の滑膜肉腫ステージⅢだと判明する。
潮らが提案したのは「腫瘍を広範囲で切除したのち、人工関節に置換する」という術式。しかしその方法では、日常生活に支障はなくとも、陸上競技に復帰することは困難なため、四日市はその術式を拒否!「半年で走れるようにならないのなら退院する」と言い放つ! その様子を見ていた未知子は、潮にある進言を…。

そんな中、「東帝大学病院」に潮の母・四糸乃(倍賞美津子)がやってくる。たまたまロビーで四糸乃と出会った未知子は、彼女から潮の母親だと名乗られるが、その後医局で会った四糸乃から初対面のような対応をされ、困惑する。
検査の結果、AIがはじき出した診断は「アルツハイマー型認知症」。潮はその事実を四糸乃に告げるが、未知子はそのAI診断にも疑問を抱き…?

https://www.tv-asahi.co.jp/doctor-x/story/0004/ より引用

 

おわりに

ドクターXで四日市清昭役(陸上選手)を演じている俳優は岡田健史さんでしたね!
鮮烈なデビューを果たした岡田健史さんのこれからの活躍にますます期待が高まります。

『ドクターX|四日市清昭役(陸上選手)の俳優は誰?プロフィールも!』を最期まで御読みいただきありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください