雑記

ANA(全日空)246便はなぜ緊急着陸?エンジントラブルの原因は?

福岡発羽田空港行きの全日空(ANA)246便で離陸後まもなくエンジントラブルが発生し、福岡空港に緊急着陸しました。けが人などはないそうですが、エンジンから黒煙があがっていたとの情報が入っています。

そこで今回は『ANA(全日空)246便はなぜ緊急着陸?エンジントラブルの原因は?』と題してエンジントラブルが起こった原因について考えていきたいと思います。

それではさっそく始めていきましょう。

ANA(全日空)246便はなぜ緊急着陸?

国土交通省福岡空港事務所などによりますと、19日午前9時50分すぎ、福岡発、羽田行きの全日空246便、ボーイング767型機で、離陸してまもなく右側のエンジンでトラブルが起きたとして、緊急着陸の要請がありました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191219/k10012220581000.html より引用

ANA(全日空)246便の緊急着陸はエンジントラブルによるものでした。

離陸後まもなくだったこともあり出発地の福岡空港に無事緊急着陸をすることができました。

エンジンから黒煙が上がっていたということもあり、離陸後まもなくであったことは不幸中の幸いだったのかもしれませんね。

12月19日11時30分の時点で乗客・乗員にけが人などはないとのことですが、今後の対応については注目していきたいところですね。

ANA(全日空)246便のエンジントラブルの原因は?

エンジントラブルの原因についてはこれから調査があるようですが、つきてんは3つの可能性を考えてみたのでお話させていただきます。

・バードストライク
・整備不良
・テロ

まず1つ目のバードストライクですが、これが一番最初に思いつきましたし、可能性は高いのかなと感じています。

バードストライクは離陸時に多く発生するといいますし、完全に防げるようなものではないようなので今回の離陸直後にエンジントラブルという状況を考えると、バードストライク説濃厚ですね。

2つ目の整備不良や3つ目のテロに関しては、あってはならないパターンのものですね。

あくまで可能性の1つとして記載していますが、違うことを願うばかりです。

整備不良については過去に全くないわけではないですので、万が一そうだった場合は再発防止に全力で勤めていただきたいです。

テロに関しては本当に怒らないことを願うばかりです。

おわりに

ANA(全日空)246便のエンジントラブルによる緊急着陸の原因について考えてみました。

今後調査で明らかになっていくはずなので、情報が入り次第追記していきたいと思います。

『ANA(全日空)246便はなぜ緊急着陸?エンジントラブルの原因は?』を最期までお読みいただきありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください