雑記

358(自動車希望ナンバー)の由来や意味は?エンジェルナンバー?

こんにちは、つきてんです。

2019年10月24日(木)から11月4日(月)まで開催の「東京モーターショー2019」で実施された「ナンバープレート展」で、各地域における最新の「希望ナンバー」人気ランキングが発表されました。

「1122(いい夫婦)」や「2525(ニコニコ)」などわかりやすい語呂合わせのものが人気だったのはつきてんも理解ができるのですが、「358」という数字がば盛岡ナンバーと前橋ナンバーにおいて、5ナンバー車および軽自動車で2019年版1位を獲得し、また軽自動車ナンバーで全国総合6位にランクインするなどしており話題となっていますね。

語呂もとくに思いつかないし・・・なんなんでしょうね「358」
ネットで見ていると「エンジェルナンバー」との言葉も見つけましたがそもそもエンジェルナンバーってなんでしょうか。

なぜ「358」が人気なのか、その理由がとても気になったので今回は『358(自動車希望ナンバー)の由来や意味は?エンジェルナンバー?』と題して自動車希望ナンバーで人気となった「358」に迫ってみようと思います。

358(自動車希望ナンバー)の由来や意味は?

自動車希望ナンバーで人気であることがわかった「358」の由来や意味として有力なのが「エンジェルナンバー」ということです。

エンジェルナンバーとは

エンジェルナンバーとは「意識しないでも自然と目に入ってくる数字」のことを指すそうで、心理学者のDoreen Virtueという方が意味をまとめているようです。
なんでも、私たちの周りに存在している天使が数字を通じてメッセージを送って切れているというなんともロマンチックなものだそうです。

「358」がどうやらエンジェルナンバーの1つだそうで、自動車希望ナンバーに好んで使う人がいるのではないかと考えられます。

他にもフィボナッチ数列が由来ではないかとの声もありました。

さらにつきてんが面白いなと思ったのは東北地方の郷土料理の「三五八(さごはち)漬け」が由来ではないかという声です。
ナンバーにまでするとか・・・好きすぎるやろw

いずれにせよ「358」を自動車希望ナンバーにつける意味は自身の幸運などを願ったり、好みから選んだりということになるのではないでしょうか。

358(自動車希望ナンバー)のエンジェルナンバーでの意味は?

Capri23auto / Pixabay

エンジェルナンバーでの358にはどのような意味があるのか、先のDoreen Virtue氏の著書「エンジェルナンバー 実践編」によると

「アセンデッド・マスターは、あなたのキャリアと経済状況において、好ましい変化が起こるように強力な導きを与えてくれています。
これらの分野で、成果が得られるように、自分の直感に耳を傾け、それに従ってください。」

なのだそうです。

経済的な好ましい変化への導きなのですか。
恋愛的な転換とチャンスを意味するという解釈もあるそうです。

つまり「358」を自動車希望ナンバーにしている人は現状を打破したい、変化させたいという気持ちから「358」を選んでいるのでしょうね。

にしてもアセンデッド・マスターって何者??と思った方、つきてんも思いましたよ!w
どうやら「私たちを導く高尚な魂の存在」なのだそうで・・・サムシンググレイト的ななにかでしょうかね、うん。

 

おわりに

自動車希望ナンバーで人気だという「358」という数字について少し調べてみました。

エンジェルナンバーと呼ばれる数字が由来であることが有力でした。
意味は「経済的・恋愛的な転換・変化への導き」といったところでしたね。

他にも様々なエンジェルナンバーがあるそうで、なかなかに面白いものだなと感じました。

『358(自動車希望ナンバー)の由来や意味は?エンジェルナンバー?』を最後までお読みいただきありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください